ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「ラブシャフル」1話

うーん、おもしろいですね!キャストもいいし、台詞のテンポも軽くて見やすいです。まわりの評判もなかなかグッド、この冬クール一番好きになりそう^^♪

野島伸司(脚本)× 伊藤一尋(プロデュース)のドラマ。

 

 

出演

宇佐美啓    玉木宏

香川芽衣    貫地谷しほり

逢沢愛瑠    香里奈

世良旺次郎   松田翔太

菊田正人    谷原章介

大石諭吉    DAIGO

上条玲子    小島聖

早川海里    吉高由里子

 

 

このドラマ、バブル期のトレンディードラマ!って書いてる人もいてびっくり(@@)

そうなのかな?当時、日本にいなかったのでわからない^^;

ただ、好きなドラマを書いてた脚本家、野島伸司さんだけあって、今後の展開も期待できると予想してます。

好きで当時、夢中で見てたドラマたちはこれら……↓

 

愛という名のもとに』『高校教師』『人間・失格』『未成年』『家なき子

そういえば、1995年の『未成年』のとき、カーペンターズの曲を使い懐かしく思ってた事もありますね。

ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』の時はABBAを起用し、それぞれのリバイバル・ブームを巻き起こしたようです。

Wikipediaより)

昔、夢中で見た『101回目のプロポーズ』も野島作品だったんですね(゚д゚)!

他にも〜『ひとつ屋根の下』『この世の果て』『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』『薔薇のない花屋』みんなヒットドラマです。

SMAPの「らいおんハート」を作詞してるんですね、知らなかった(^^;;)

 

登場人物

宇佐美啓(玉木宏

29歳、一流I企業の課長。

課長とは名前ばかりの様子。婚約者・父親のコネ入社、高級マンションに住んでいるも、家賃は養父に出してもらっている。

結婚を三ヶ月後に控えたある日、婚約者の香川芽衣貫地谷しほり)に、婚約破棄を言われてしまう。ショックを受けるが、必死に芽衣の気持ちを取り戻そうとする。

 

香川芽衣貫地谷しほり

一流企業の社長令嬢、家事手伝い実家暮らし。

高校二年の時、スキー場で知り合った宇佐美啓の婚約者だったが……婚約で安定した宇佐美啓に何かを感じ始め、婚約破棄とする。

 

逢沢愛瑠(香里奈

外交官の父を持ち、三ヶ国語を繰る通訳。

幼少時代は海外で過ごす。現在は、英語、フランス語、スペイン語を繰るフリーの通訳。

恋人・大石諭吉のストーカー紛いの行動に嫌気をさし、別れるつもり。

幼いころ、亡くなった双子の兄がいる。

 

世良旺次郎(松田翔太

女性専門のプロカメラマン。

高校中退後、戦場カメラマンから女性グラビア専門になる。戦場から離れたのには理由がある……愛に執着心はほぼない。

現在は、人妻の上条玲子とつき合っている。人の心に土足で踏み込むタイプ。

 

菊田正人(谷原章介

心療内科医。菊田メンタルクリニックを経営、自殺願望のある患者の1人、早川海里を気にかけている。「愛よりも相性が大事!」と、ラブシャッフルを提案する。

 

大石諭吉(DAIGO)

株トレーダー

学生時代イジメにあい不登校。成り上がりでM&Aも成功させて巨万の富を持つ。

常にアタッシュケースに大金を持ち歩いている。

お金もちだが、鼻にかけない。

 

上条玲子(小島聖

超セレブで素性不明の魅力的な人妻。

「男の人は外見よ」と、大胆発言するが……愛し合った夫が、今では自分を女として見てくれないことに不満をもつ。

 

早川海里(吉高由里子

美大生、父親は画廊の経営者。

豪邸に住み、自分のアトリエもあるお嬢様。厳格な父親を描くこと以外禁止され、いつしか自殺願望を持つようになる。

主治医である菊田正人と、3ヵ月後の誕生日まで死なないと約束してる。

 

あらすじ&感想

同じ高級マンションに住む男女4人がエレベーターでばったり、そのまま停電に……

そこで自己紹介しあう4人は、宇佐美啓、逢沢愛瑠、世良旺次郎、菊田正人。

みんな仕事もパートナーもそれぞれいる感じ。

でも、恋人関係はうまくいっていない……出来れば ”別れたい” ” 気持ちを取り戻したい” だったりする。

 

宇佐美啓は、婚約者の香川芽衣から「婚約破棄」されてしまう〜が、仕事上のコネがあり、結婚式ぎりぎりまで「誰にも内緒、ドタキャンしてもいい」と、いってる。

結婚式の日までに、彼女の気持ちを取り戻したい宇佐美啓(玉木宏)は、イケメンだけど、情けない、頼りない感じ(^◇^;)

今後、ラブシャッフルすることで大人の男性に変身して欲しいな。

痩せすぎ感の玉木くん、ナイスですわ〜声も好き(*^^)v

 

逢沢愛瑠、仕事バリバリのキャリアウーマンぽい女性。

しっかり者タイプなので〜あの頼りない恋人・大石諭吉(DAIGO)じゃ、物足りないと思う。

これは、「出来れば別れたい」と、思っている。

強がりいうけど、じつは寂しがりやの女性がイメージにあう香里奈ですね。

バンビ〜ノ!」でも、そんな役が似合っていた香里奈です。

菊田正人から、軽いノリで「あひるちゃん♪」なんて呼ばれてる(^-^;

 

世良旺次郎、女性相手のグラビアカメラマン。元は戦場カメラマン……ってことは、精神的にダメージを受けて日本に戻って来た…そんな予想。

だから、戦場で悲惨な戦いを見てしまい…女性しか撮れないんじゃないかなぁ。

これはあくまで予想です(笑)

クールでさばさばしてる感じが、松田翔太にぴったり(*^_^*)

人妻とつき合ってるものの〜関係が面倒になり「出来れば別れたい」と、思っていそう。

「女は平和だ」この言葉からも、「平和」を意識、戦場の過去を忘れたい?

 

菊田正人、仕切りやで人にすぐニックネームをつける親しみやすさ。これは医者ならではの接客?に慣れてる感じかなぁ。

精神科医らしく、相手の心をすぐに読み取れる雰囲気もあり。

早くも「宇佐タン、アヒルちゃん、バケラッタ」と、みんなにつける。

1人、妙に軽いノリだけど〜メンタル専門の医者らしい「どんな人とでもつき合えるタイプ」に見える。

「愛より相性」とは、医者らしいし体験もあるのかな?

ナースにも優しいのは本当の性格?

 

香川芽衣、お嬢様らしくおっとり系かな?

でも、言いたいことは言ってるようなので……

自殺願望のあるの菊田正人の患者・早川海里。まだ病状なのか性格までわからない感じ。

人妻の上条玲子、夫以外の男性に抱かれる理由もあるらしい。

これもまだ謎が多い。久しぶりに見た小島聖ですね。

うーん、作品よりもトヨエツとの関係で記憶あり(ーー;)

 

恋人交換!と、いう斬新かつ、驚きのストーリー

普通に考えると〜まずいんじゃ……と、思うけれどドラマなのでおもしろい。

あのメンバーならシャッフルしたいかも(笑)

なんかねぇ、あえての古いギャクだと思うけど「バケラッタ」知ってる人少ないのでは?^^;

 

DAIGO演じる大石諭吉、学生時代、いじめにより登校拒否〜とは、純粋で真面目なのかも。宇佐タン同様、頼りないのでしっかりと大人に成長してほしい(笑)

4人で飲み、菊田正人の提案でラブシャッフルすることになる。

逢沢愛瑠と、香川芽衣は同じ女子校で知り合いだった。

 

普通、ええー?と、拒否反応、嫌がると思うのだけど〜ここがドラマ^^;

宇佐タンが、かな〜り拒否、でも呼び出す彼女もOK!

来なかったのは、OD〜自殺未遂してしまった患者の早川海里だけ。

大石諭吉、あんな所にいたとは(゚д゚)!

「正直、メンバーによると思う」と、上条玲子の言葉は正しいかも^^;

 

主題歌が、アース・ウインド&ファイアー「FANTASY」ってこれも古い。

リバイバル・ブームも狙ってるのかな。"ウソだと言ってよジョー"って知らな〜い。

1話は、主人公たちの人物紹介〜これからストーリーが始まる感じですね。

今後の展開に期待です^^♪

1週間だけのラブシャッフル?続きが早くみたいで〜す。

「本気でやってやる!全部、俺にほれさせてやる」と、宣言するへたれ宇佐タン(≧∇≦)