ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「エンド・オブ・ステイツ」感想

迫力あるシーン満載で最後までハラハラと楽しめた作品。アクション、爆発などで2時間がアッと言う間に観終わってしまいます。

シリーズ3作目と知らず、初めて観ました。

シークレットサービスの主人公が大統領を護る・・というわかりやすい内容。

2019年の作品。

f:id:luccax:20210913192323j:plain

ネタバレ度は60%くらい。

 

ストーリー

マイク・バニングジェラルド・バトラー)はシークレットサービス

引退を考えながらも、トランブル大統領(モーガン・フリーマン)から長官を任命され、悩むマイク。

 

突然、2人がいた湖でドローンに攻撃されてしまう。

周囲にいた仲間たちは全滅・・マイクは必死で大統領を守るが・・。

 

こんな内容です。

大統領はマイクをとても信頼しています。だから、マイクの体調も気にかけてくれるほど。

そんな時、襲撃されてしまったのでした。

 

このシーン、迫力あってびっくり!あんなにドローンで攻撃されたら絶対、逃げられない。

怖い時代ですよね。

ドローンに狙われたら・・終わりって感じの映像でした。

 

その後、マイクは大統領暗殺事件の犯人!と、追われる身に。

誰が敵なのか?と、逃走しながら犯人を探す・・という展開です。

ドローンに襲われた時、マイクを認識したドローンは攻撃をやめてしまうのです。

何故?

それはマイクを犯人に仕立てるため。

本当の犯人は誰なのか?

拘束されたマイクが無実を訴えても無駄でした。

マイクが犯人・・と、証拠が残っていたからです。

 

こういう作品のヒーローってすごく強い人が多いですよね。

でも、マイクは普通におじさん。

そしてボロボロって感じで疲れてます。

その辺、とても親しみやすいキャラという印象。

 

3作目で初の視聴だったのですが、1作目「エンド・オブ・ホワイトハウス」2作目「エンド・オブ・キングダム」も観たいですね。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^