ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ジェイコブス・ラダー」感想

幻想と現在が入り乱れ、2度目の視聴が必要かもしれません。オリジナル版というのがあるらしい。

でも、残念ながらアマゾンプライムでは視聴できませんでした。

2019年のリメイク版。

面白かったので前情報なしで観ることをオススメ。

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20210827154548j:plain

ストーリー

アフガニスタンで兄を亡くしたジェイコブス・シンガー。愛する妻と子供が生き甲斐だった。

退役後、外科医として平凡な日々を送っていたが・・。

 

ある日、兄が生きている・・と、知り驚く。

兄を探し、地下シェルターに行くと、他の退役軍人たちもいた。

その後、ジェイコブスは幻覚に苦しむ羽目に・・。

 

兄の存在は、ジェイコブスにとって家族なので嬉しいこと。

でも、兄と再会してから、体調が悪くなったというか・・色々と問題が起きてしまいます。

これ以上、書いてしまうと面白さが半減してしまうので😅

 

幻想、現実・・と、シーンが変わっていきます。

ずっと、信じて観ていたものが突然、えーーー?って状態に。

これって、夢?現実?どっちなのだろう、と考えてしまいました。

 

妻を愛してるジェイコブスは、兄との再会で苦しみ、葛藤します。

どうして?って展開もびっくり。

 

ラダーというドラッグは、トラウマを軽くする系の薬です。

退役軍人用に作られたもの。

これが大きな鍵ですね。

 

トラウマがあることはとても苦しいと思います。

そんな記憶は消してしまいたい、とも。

でも、それよりも幻想を見ることで苦しむのも・・いやですよね。

そんな感じの作品でした。

 

冒頭の手術シーンはエグかったです😓

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^