ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ハピエスト・ホリデー私たちのカミングアウト」感想

家族にレズビアンを隠していたハーパー!実家に帰り、秘密を打ち明けることが出来るのか?

コメディというほどでもなく、クスクスと笑える感じ。

クリスマスに家族が集まり、事実を打ち明けるつもりが・・。

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20211022161719j:plain

ストーリー

アビー(クリステン・スチュワート)は恋人ハーパー(マッケンジー・デイヴィス)を真剣に愛している。

ある日、クリスマスに実家へ帰るハーパーから、パーティに誘われる。

自分たちのことを家族に話している、と信じていたアビーだったが・・。当日、家族には話せなかった・・と、事実に驚く。

 

こんな感じでドタバタと始まります。

ハーパーは、父親が政治家を目指しているのもあり、家族に同性愛者であることを言えないのでした。

アビーはそんなハーパーの優柔不断も含め、愛しているのですが。

自分の事を家族に隠し、嘘をついている・・と、いう状況に耐えられなくなります。

 

自分たちの事を隠す気持ちもわかるけれど、愛するアビーの事を、

「両親はいない」と、連呼するハーパーの無神経さに苛立ちました。

ルームメイトと紹介すれば良いのに、わざわざ親の事まで言う必要あるの?と。

その他、とても無神経で自分の事ばかりのハーパーに呆れて。

 

アビーは相手を気遣う優しさを持ってる女性。

友人ジョンは彼女をとても理解しているので、この2人が結ばれれば良いのに・・なんて思ったり。

 

ハーパーの家族は皆、勝手な人が多くてそれも苛つきました😅

特に母親は世間体ばかり、娘の友人であるアビーに対しても、細やかな心遣いもない。

まあ、色々と書いてしまったのですけど、それぞれ理由がある、と後半になってわかります。

 

気になったのは、アメリカでも愛する人と結婚する時、親の承諾を得たい、と考えるんですね。

もっと自由な感じなのかと。

その辺りの考えを持ってるアビーに感情移入してしまいます。

 

同性愛者の考えも、とてもわかりやすく描かれてると思います。

本当に苦労してるんですね。

 

最後、あまり良い印象のなかったハーパー母の言葉には涙・・でした。

みんな無理してたんですね。

見て良かった作品でした。

クリステンスチュワート、本当に素敵でした。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^