ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「スイマーズ 希望を託して」ネタバレ感想

命懸けで泳ぐ選択をした結果、憧れの五輪にも出場出来た実話。

ネットフリックス視聴。

2022年制作・イギリス・135分

監督 サリー・エル・ホサイニ

脚本 ジャック・ソーン

ネタバレ度30%(後半ネタバレ度90%)

ストーリー

戦禍のシリアからリオ五輪(2016年)を目指し、水泳の練習に励む姉サラ(マナル・イッサ)、妹ユスラ(ナタリー・イッサ)。

空爆を恐れ、従兄弟とベルリンに向かうことに。

 

こんな内容です。

プールで練習中、爆撃され・・水の中に爆弾が落ちてくるような状況。それでもシリアで生きている人々。

父は兵役で五輪を諦め、娘たちに夢を託して厳しい練習をさせます。

借金をして娘たちをドイツへ送る両親の思い。

もっと知りたい方

90%のネタバレ

 

父が用意してくれたお金で、ドイツに向かう姉妹、従兄弟たち。

船は危険、と父に言われたのですが・・陸路の方が時間がかかると判明。業者に大金を支払い、船で行く事に。

しかし・・業者が用意した船は・・空気で膨らます救命ボートのようなもの。

驚きつつ、文句を言うも業者はボートの扱い方を教えて去ってしまいます。

もう、こんなボートでも乗るしかない!

人数もオーバーしてる状態、危険を感じながらも一緒にボートで移動する人々と挨拶を交わします。

泳げる人がもしもの場合、泳げない人を助ける、と皆で約束します。

 

夜になり、波が高くなりこのまま乗っていたら全員、溺れてしまう・・と判断したサラは1人海へ。

サラが海に入り、追いかけて海に入るユスラ。

最終的に2人は泳ぎきり・・ボートに乗ってた人々もやっとの思いで到着。

 

その後、目的地に向かい歩き始めるサラたちですが途中、騙されてお金を支払い、トラックで移動するも別の場所に放置されます。

歩くしか方法は残っていないサラたち・・。

難民キャンプのような所までたどり着きますが・・難民申請をしても何年もかかると衝撃を受けます。

泳ぐ練習も出来ず、ただキャンプの中で何も出来ない姉妹たち。

 

ドイツが難民を支援してくれることになり・・。

何件もプールに直接、交渉をして泳がせて欲しい、練習したい、私たちはシリアの選手だと説明。

やっと、1人の男性が彼女らに練習することを許可。

理由はユスラの泳ぎを見たからです。

 

サラは難民の苦労を実感、両親を呼び寄せる方法を考え苦悩。

ユスラは練習出来なかった分、タイムが伸びずに苛立ちから姉を責めて喧嘩。

サラは水泳を諦め、難民を助けるためにサポートの仕事をすることに。

タイムが伸びたユスラは難民団の選手として大会に出場。良い記録を出して、リオ五輪への切符を手にします。

その後、家族も呼ぶことに成功。

 

エンドロールの言葉に驚愕でした。

作品としてはこれが事実・・と言う驚きが最初から最後までありました。

シリア選手として、東京五輪にも出場したユスラのようです。難民の過酷さ、ニュースで見たり聞いたりする程度のわたし。

こんな状況でも諦めず、自分の夢に向かう2人の姉妹たちに心から拍手を送りたいです。

すごい勇気ですよね。あの夜の海を泳ぐ前、ボートは浸水、エンジンも止まる。

その中で、「この人数だと沈んでしまう」と、自ら海に入り泳ぐ選択。

 

水泳選手だって、夜の海を泳ぎ切るなんて難しいはず。

姉妹は喧嘩もしますがとても仲良し、お互いを思い合っています。妹が襲われ、必死で彼女を守る姉のサラは勇気があります。

大好きな水泳なのに・・自分は難民を助ける仕事を選択することも。

難民問題、本当に難しいですよね。

戦争なんてほんと、終わって欲しいです。

未視聴の方、おすすめです。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^