ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」

ダイアン・キートンモーガン・フリーマンが夫婦を演じた優しいドラマです。

 

画家の夫と元教師の2人が住むのはブルックリンを眺められる最高の家。

ただ、40年も暮らして居心地良いけれどエレベーターがない。

 

夫も歳をとり、便利な家を求め新しい住まいを探す2人。

 

感想

脚本も良かったですね。大切な事に気が付いた2人。

家を売るのは大変なこと。

オープンハウスのドタバタや、感じ悪い相手には、売りたくない!と、思ったり。

2人の年齢的なこともあり、観てて心配するほど。

誰かに騙されたりしないか、無事に取引を終えられるのか、と。

 

愛犬の具合が悪くなり、治療が必要になった時・・

「犬が今を生きる動物なら、延命はかえって酷かも」と、蘇生処置拒否書にサインしたアレックス。
「できることはしたい」と、前向きなニース。

 

アレックスは最悪に備え、現実的な考え。ニースと意見が食い違うことも多くて。
それでも2人、うまくやってきた。


男性の方が現実的で、治療費のこととか考えるのもわかるけれど。

とても興味深かったのは、住んでいながら家を売るためのオープンハウスのシーン。
繊細な人ならきっと、耐えられないであろう・・と思ってしまった。
大勢の人たちが家に入り、好きなように部屋を見てまわる。
その様子を微笑みながら、説明する姿にびっくり。
私には出来ないわあ、と。

 

家を売る準備をして、次は自分たちで最後となる家を探す・・この行動も2人の性格が違うのも楽しい。

家を探してる時、「我が家以上の眺めはない」と、感じるアレックス。
本当は売りたくないのよね?と、思った。

 

 新婚の頃から、2人で創り上げた部屋・・ここが1番大切な場所なんですよね。

遠回りしてやっと、自分たちの居場所を見つけた老夫婦のストーリーでした。

観終わってとても、温かい気持ちになれる作品。

オススメです🥰