ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「幼い依頼人」感想

韓国で実際に起きた事件を基にしています。あり得ない内容に胸が潰されそうでした。

2019年に公開、監督は「私は王である」「ラブリーライバル」のチャン・ギュソン。

ネタバレ度60%くらい

f:id:luccax:20210817204251j:plain

ストーリー

ロースクールを卒業後、就職の決まらないジョンヨプ(イ・ドンフィ)。

臨時で児童福祉館に就職するが・・あまりやる気はない。

継母から虐待されているダビン(10歳)と弟に出会う。

 

2人の事を真剣に考えずにいたある日、ダビンが殴られていると知り、駆けつけるが・・。

 

こんな感じで始まります。

ジョンヨプは最初、福祉の仕事希望ではないので・・子供たちの異変に気がつきません。

子供好きなら気がついたかと。

そこが見ていてじれったく感じました。

 

ダビンたちは事実を言いたい、けれど言えない・・状況です。

10歳の子供が継母に殴られている、とは言えないでしょう。

父親もいるのですがあまり、登場しません。

当然、子供には無関心です。

 

継母という人物が本当に酷い人でした。

弟に苛ついた時、姉であるダビンにしつけをさせようとします。この場合のしつけとは・・。

 

その後、大変な事件が起きてしまいます。

弟が亡くなり、ダビンは「私が弟を殺しました」と、告白します。

世間がパニックとなり、さすがのジョンヨプも責任を感じて真実を探ろうと動きます。

 

絶対、こんな事件はあってはならない。

けれど、悲しいことに何故か増えているそうです。

驚いたのは周囲の大人たちが皆、見て見ぬふりをしていた事でした。

せめて通報を・・と思います。

 

本当に暗く見ていて苦しい作品でした。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^