ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「善き生徒たち」これが本物の悪人でしょう!

カトリック系男子校の生徒たちが犯した罪、実話に基づく作品。

ネットフリックス視聴。

2021年製作・イタリア・106分

前半ネタバレ度10%(後半ネタバレ度90%)

ストーリー

1975年

ローマにあるカトリック系名門男子校の生徒が犯した犯罪。

もっとネタバレを知りたい方

ネタバレ度90%

 

名門男子校の生徒、アンジェロ、アンドレア、ジャンニの3人は家では厳しい親の言いつけを守り、良い子にしている。

学校でも厳しいルールにウンザリしながら、裏では弱い子を虐めていた。キリスト教の授業を真似をして生徒を殴ったり・・。

 

男子生徒の数が多く、名前と顔が一致しません。

3人は学校ではいじめを繰り返すような嫌なクズ男。でも、親の前では良い子を演じてます。

ある日、街で出逢った女の子たちをデートに誘い、親しくなる3人。

 

家では母親のエッチシーンを覗いたり、若い男性ならよくありそうな出来事が起こります。

真面目だと思っていた教授の同性愛告白などもあり。

性に関心ありありな生徒たち。

 

かなり後半になり、3人は出会った女の子2人を別荘に誘います。

2人を暴行、注射までして・・1人は亡くなってしまいます。

「死ぬまでに時間かかったな」と、笑いながら話す3人。

車のトランクに女性2人を押し込み、親を安心させるため家に一度、戻ります。

 

1人、酷い暴行を受けたドナテラはまだ、生きていたので必死でトランクの中から、声を出して叩いてました。

これが発見され、逮捕される3人。

この事件は学校関係者だけでなく、イタリア全土を震撼させた凶悪事件となっているようです。

 

チルチェーオ事件当時(エンドロールより)

レイプは人道犯罪ではなく公序良俗違反だった。

ロザリアの死とドナテラへの拷問が引き起こした議論は1996年まで続いた。イタリアの法改正により、性的暴行が人道犯罪となったのだ。

事件の加害者は全員、終身刑の判決。

 

アンジェロ・イッゾ 2005年仮釈放された直後、女性2名を殺害。

アンドレア・ギラ 1994年モロッコで死去。その生涯を逃亡犯として終える。

ジャンニ・グイド 減刑により2009年に釈放。

ドナテラ・コラサンティ 2005年死去 享年47歳

 

映像として拷問シーンはありません。ドナテラの酷く腫れ上がった顔・・というシーンはあります。

男性、女性ともボカシなしの全裸シーンあります。

観る方は注意してください。後半まではむしろ退屈な映画でした。

それにしても何故、このタイトル?という感じ。善き生徒なのは大人の前だけ、という印象でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^