ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「ブレイブ ワン」感想

ジョディ・フォスターの映画をTSUTAYAレンタルで見ました。

これが一番新しい映画なのかな?いつも彼女の作品は見る方なので今回も期待して借りてみました。

オススメ度は☆5個満点中・・☆☆☆

 

2007年 / アメリカ/オーストラリア

出演: ジョディ・フォスター テレンス・ハワードビーン・アンドリュース

 

 

愛する恋人を暴漢に襲われ殺された、ラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカが、悪を裁いていく正義の心に目覚める・・処刑を続けながらも葛藤する。

 

ラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカをジョディ・フォスターが演じてます。

これまでの作品、「フライトプラン」では、母の愛で子供をまもる感動を伝えてくれた。

これは〜☆☆☆かな。

 

「パニック ルーム」はタイトル通り、すごい展開、怖さとその勇気に驚き、スピード感もあり☆☆☆☆☆・・と、満点評価。

羊たちの沈黙」も文句なく満点の〜☆☆☆☆☆!です。

 

さて・・この「ブレイブ ワン」は☆3個でした。

つまらない訳でもなく、特別におもしろいともいえず・・かな。

ただ、考えてしまう映画でした。

 

愛する人を目の前で殺されてしまう・・犯人が捕まっても心の傷は残る。

悔しいなんて思いじゃないと思います。

経験した人じゃないと理解できないのかも・・エリカの本当の気持ちは。

犯人は法律が裁いても、殺されたひとが戻ってくるわけでもない。

そんな内容です。

 

 

ラジオ番組のパーソナリティを仕事とするエリカ。

ある日、恋人と夜、公園に愛犬を連れて散歩に行く。

途中、悪い連中にからまれ襲われてしまう。これがもう、最悪の人間たちであり、命も人間も何とも思わないような連中。

 

「運が悪かった」では、すまされない。

やはり、治安が悪いのに「夜、男性と一緒でも公園に行く」のが、どんなに危険なことか・・想像を絶する形で恋人を目の前で殺され、エリカも殴られ、重傷をおう。

そして・・恋人は死んでしまう。

 

ケガが治ったエリカ・・1人になって感じるのは「恐怖」

今まで感じたこともない、他人ごとだと思っていた「恐怖」と戦います。

 

部屋から怖くて、トラウマで出れなくなったり・・

これがいわゆる、PTSD心的外傷後ストレス障害)なのかな・・と。

 

アメリカだけじゃないと思うけど、本当に怖い。

これ、現実に普通の出来事のような事件でしょう。

暴漢に襲われ、モノを盗られる〜とかじゃなく、いきなり殴り殺される現実。

日本でも「絶対、安全」とはいえないだろけど・・

 

護身用に銃を買うエリカ・・

でも、すぐに欲しくて(恐怖のため)違法の銃を購入します。

ここまでは・・自分があの立場なら同じことするのかも?

 

そして・・

エリカはまたも、危険な状況にあってしまう。

これがまた、ほんとに治安が悪くて怖い。

逃げることも不可能、「殺らなければ、殺される」その状況の中、初めて人を撃ってしまう・・

 

当然、警察も動くわけで・・

それより、先にエリカたちが襲われた事件の取り調べも遅かったり。

当たり前のように、毎日「暴漢に襲われる」ことがあるようなのが怖い。

 

次々と、普通に生活してるだけで「自分を守るため」つまり・・

「正当防衛」として、人を撃ってしまうエリカ。

考えようによっては・・

銃で相手を脅かし、そのすきに逃げる!ことも可能でしょう。

でも、怖い。

 

もし、追いかけてきたら?殺されてしまう、そんな不安もあったはず。

反射的に撃ってしまった・・そんな感じもするけど。

 

そして・・マスコミは「血の制裁」とか、書くようになり、

エリカも自分の中にある、「もう1人の自分」の存在に気がつき、葛藤を続けながらも

「処刑人」として、悪の退治をする・・

 

うーん、エリカの復讐というよりも、「正義」とは?考えてしまいます。

よくいう「罪を憎んで人を憎まず」・・

これ、被害者にはきれい事でしょう。

 

日本じゃ銃を自由に買えない分、出来ないことだけど。

銃社会アメリカなら、普通にエリカのような存在がいるような気もします。

 

ジョディー・フォスターの演技は上手いと思います。

あの表情、感情がないようにみえる態度、淡々と生きるエリカを演じています。

ラストが衝撃でした。

 

あれは・・賛否分かれるでしょうね。

ただ、わたし的にはOK!アリです!

許し難い理不尽なこと、これを解決してくれた映画だと思います。

でも、許されるのは映画だからでしょうね。

 

当然、法律では許されない、けれどやりたい放題の犯罪者たちを始末?するにはこれしかないのかも・・

今、凶悪な事件が起こる世の中、あり得るようなことだと思いました。

法では納得できない・・その気持ちを消化させてくれる、そう思える映画でした。