ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「マザー」感想

長澤まさみ出演、「少年による祖父母殺害事件」を基にした作品。その日暮らしのシングルマザー・秋子、息子・周平の共依存関係を描いてます。

2020年

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211215172112j:plain

ストーリー

実家でお金を無心する秋子(長澤まさみ)に呆れ、怒鳴る母・妹たち。

ホスト・川田(阿部サダヲ)と出会い、一緒に暮らし始める。

 

ある日、周平を使い妹に、お金を貸して欲しい、と言わせる秋子。

怒る妹は、「縁を切るから、もう来ないで」と激怒。

 

こんな感じです。

ずっと、誰かにお金を・・という流れ。それも幼い周平に言わせるのです。

周平は秋子の指示には逆らいません。

すべてがこんな感じの母と子。

 

両親、妹、元夫に遠慮なしでお金をねだる秋子はどうして働かないのか。

相手に悪いと思わない神経が理解出来ないですね。

母親、妹は普通なので何故?こんな風に?と、思ってしまいます。

 

福祉の人と知り合い、周平はフリースクールを勧められるのだけど、それを拒否する秋子。

すべてを周平から奪う秋子の言い分は、「私の子だから、どう育てようが勝手でしょ」と。

 

どんなことがあっても、周平は秋子に文句を言うこともほぼなくて、可哀想だと思いました。

唯一、フリースクールには行きたい、と言うのだけど。

これも激怒して反対する秋子。

 

いい加減な男・川田との関係もあり、悲惨な展開に。

最後はもう、あり得ない秋子の考え。

自分に怒ってばかりの母親が憎い秋子は周平に言います・・。

 

とても難しい問題ですよね。

福祉の人も、事情を知ってたのに周平を助けることは出来なかった・・。

結局、母親には勝てないってことなのかな、とも。

観ていて苦しい作品でした。

これが実話なんて本当に信じられないです。

 

長澤まさみの演技は迫力があって、今までのイメージとは違い別人でした。

周平を演じた奥平大兼くんは、新人俳優賞などを受賞。顔だけでなくて雰囲気のある俳優で今後も楽しみです。

川田役の阿部サダヲ、福祉担当役の夏帆も良かったです。

最後まで読んでくださった方たち、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^