ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ムスタング」野生馬調教プログラムでリハビリ

野生馬を調教する事で感情コントロール出来ない男が社会復帰を目指す物語。

2019年製作・アメリカ・フランス合作・96分

ネタバレ度60%くらい

f:id:luccax:20220322141157j:plain

ストーリー

短気な男ローマン(マティアス・スーナールツ)は妻に暴力をふるい刑務所生活。

ある日、野生馬を調教する仕事を与えられ、暴れ馬ムスタングと出会う。

 

こんな感じの内容です。

これは実際にある刑務所の野生馬調教プログラムというものです。

短気で乱暴なローマンと、暴れ馬で人に慣れないムスタング

馬を調教し、オークションで売るのです。

短い期間ですが、馬とのふれあい、絆を作り信頼される事で、囚人のリハビリにもなるという。

 

最初、野生馬を捕まえるシーンがあるのだけど見ていて辛い。

自由に暮らしていたのに・・人間に捕まってしまうのです。

そして調教。

ローマンも最初、馬のことは何もわからず、教えられたように行動します。

でも、短気な性格なので馬に八つ当たりすることも。

 

時間をかけてローマンが必死に馬に訴え、触ることができた瞬間、泣きそうに。

ローマンと娘の関係も描いてます。

馬にはマーキスと名前をつけ、次第に乗れるように。

でも、触れるまでは暴れるローマンは馬に酷い仕打ちしたので苛つきましたね。

 

繊細で敏感、臆病な馬に対して不器用なほどの扱い方に疑問を感じたけれど。

この馬たちは子供たちを乗せるために調教してるのではなく、国境警備隊、警察などで働く馬です。

だから、音や雑な扱い方にも慣れる必要があったのかな、と自分を納得させています。

 

全体的にセリフは少ない、落ち着いた感じ。

馬との触れ合いというより、暴れ馬を調教するシーンの撮影が気になりました。

あんな激しく暴れてるのをどうやって?と。たぶん、数頭の馬を使用してるのでしょうけれど。

 

このプログラムに参加した人の再犯率は低いそうです。

あの野生馬に信頼されるのは相当なことですもんね。

驚いたのは何故、あんなに怒ることが出来るのか?って事。

日本人はあそこまで怒る人って少ないかと。

罪を犯した人は考えてから、行動に移るのは数秒程度でした。つまりほとんど衝動的に犯罪を・・と驚きですね。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^