ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ハウ」犬種はゴールデンドゥードル

人生最高のパートナーってもしかすると人よりも動物なのかもしれませんね。犬と人の友情物語。

2022年制作・日本・118分

監督 犬童一心

脚本 斉藤ひろし犬童一心

原作 斉藤ひろし

ナレーション 石田ゆり子

主題歌/挿入歌 GReeeeN

ネタバレ度30%(後半ネタバレ度90%)

ストーリー

役所職員・赤西民夫(田中圭)は婚約者に振られ、最悪な日を過ごしていた。

そんな彼を心配する上司(野間口徹)は飼い主に捨てられた保護犬を飼うことを勧める。

 

こんな内容です。

上司の奥さん(渡辺真起子)は保護犬団体のボランティアで、白い大型犬がいるので民夫に勧めるのでした。

もっと知りたい方

90%のネタバレ

 

その犬は飼い主に捨てられ、声帯まで切られていたので「ワン」と鳴くこともできません。

「ハウ」としか声を出せないのでした。

そんな状況を知り、可哀想だと犬を飼う民夫は名前をハウに。

一戸建ての家であり、犬を飼うには問題もなく、犬の本を読みながら、苦労しながらも楽しい1人と1匹の生活が続きます。

 

ある日、公園で寝てしまった民夫はうっかりリードを離してしまいます。

子供達の遊ぶボールを追いかけ、取りに走るハウは偶然、トラックの中へ・・。

ドアが閉まり、青森行きのトラックはハウを乗せて走ります。

何も知らず、慌ててハウを探す民夫は上司の奥さんたちに相談、皆でチラシを作り、ハウを探します。

白い大型犬はあまりいない・・だから見つかるでしょう、と。

 

一方、青森行きのトラックが止まり、外に飛び出るハウは呆然としつつも・・家の方向へ向かって走ります。

民夫の家へ・・。

 

ハウは見つからず、焦る民夫は白い大型犬が事故で亡くなり、焼却されたことを知り、愕然とします。

「きっとハウよ」と、言われ悲しくて民夫はネットでハウの死を報告。

ネット仲間のさびねこさんも驚き、悲しんでくれます。

 

ハウは走り続け、時には人からご飯をもらったりしてました。

途中、出会う人たちの悩み、不安を解消してあげるハウ。

ハウには不思議な力があり、苦しんでいる人たちの悲しみを感じ取ることができるのでした。

女子高校生、修道院の人たち、シャッター街のおばあちゃん、おじさんなどと知り合い、ご飯をもらいながら、彼らを癒し、慰めるハウ。

みんなが元気を取り戻したのを確認、再び家に向かって走ります。

 

そんなある日、修道院で元の飼い主の女性と再会するハウ。

自分を可愛がってくれた女性・・と気が付きます。

しかし、女性はストーカーでもあり、モラハラ男に付き纏われ困って逃げて修道院に来たのでした。

男は修道院で暴れ、仕方なく男について行く女性。車を追うと事故で車は大破・・男を助け出すハウ。

 

家を引っ越し、同僚の女性(池田エライザ)が飼っている猫の話から、彼女がさびねこであると気が付き、驚く民夫。

歩いているとハウが自分に向かって走ってきます。

久しぶりの再会で大喜びの民夫とハウ。

しかし・・ハウには新しい飼い主の男の子がいたのでした。

 

民夫が引っ越したとは知らず、前の家に戻ったハウは越して来た男の子と母親に懐きます。

そのまま男の子たちと暮らすことに。

それを知り、「ハウ・・今度こそ、最後のお別れだ」と、囁く民夫。

ハウは男の子と母親と幸せに暮らします。

―完―

ハウはずっと走っていたので最後、民夫の元に戻り、一緒に生活するのだと思ってました。

でも、民夫は一戸建てからマンションに引っ越したし・・。

ハウがまさか、新しい飼い主と暮らすことになるとは。でも楽しそうなハウでした。

 

元の飼い主の女性はハウ(ラッキー)を可愛がっていたのですが、モラハラ男の命令で、声帯を切ってしまったのです。

男に逆らえない女性も可哀想でした。

 

ロケ地は横浜の綱島から野毛まで。みなとみらい付近も一部あったと思います。

動物モノは泣けるので見るのが苦手なのですが・・それほど泣かなかったかも。

でも、ハウが必死で家に向かって走る姿は泣けました。そしてお約束の再会のシーンですね。

家族で視聴出来る良い作品だと思います。

 

ハウの犬種を探したら、ゴールデンドゥードルとわかりました。

これは、ラブラドールレトリーバーとプードルのMIXだそうです。それじゃ賢いはずですね。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^