ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「ヘルホール 悪霊館」サタン登場!

悪霊というより悪魔崇拝する司祭たちの物語。

ネットフリックス視聴。

2022年制作・ポーランド88

ネタバレ度30%(後半ネタバレ度90%

ストーリー

修道院で司祭に殺されそうになる赤ん坊・・そこへ警察が来て司祭は撃ち殺されてしまう。

30年後

1987年 マレクは神父として新しい修道院に配属される。

しかし、匿名の通報で女性8人が行方不明になった原因を探るため、潜入捜査を任された警官だった。

 

こんな感じです。

怪しい修道院、司祭たちはいかにもホラーって雰囲気。

この司祭たちの食事がものすごく不味そうで・・吐きそう。マレクも仕方なく食べるのですが・・

何の料理?って感じ。

もっと知りたい方

ネタバレ度90%

 

警官のマレクは捜査を開始・・そこで出会うのがピオトルという太めの男性(司祭)。

ここは怪しい、探れば殺される、と警告して来ます。

唯一、この修道院でマレクの仲間になってくれそうな人です。

悪魔祓いの儀式が始まり、ベッドに拘束された女性を相手に神父は始めます。

それを見て驚くマレク。

ここは「エクソシスト」のようなシーンですね。

 

その後、マレクは食べたものを吐いたり、口の中から取り出したものは歯だったり。気持ち悪いシーンも。

ピオトルは仲間だと思ったら・・騙されていたマレク。

司祭たちに捕まり、強引に妙なものを食べさせられます。

それも4人分って何故?

何だかわからない気持ちの悪い食事を強引に食べさせられる・・すでにここが怖い。

 

司祭たちはマレクを相手に儀式を始めます。

純粋な処女の血も飲ませる・・ということで、悪魔祓いをした女性を殺害、その血をみんなで回し飲み。

当然、マレクも強引に飲ませられます。

 

儀式はすべて順調のはず・・「さあ、主よ!現れたまえ」と祈っても何も変化なし。

儀式は失敗?と、呑気なことを言い出す司祭も。

結局、マレクはピオトルに刺され、井戸に投げ込まれます。

その後、院長を殺害したピオトルが代わりに院長となります。

 

殺害された院長の鼻からハエ?が飛び出て、井戸に放り込まれた警官マレクを起こすと・・。

するとマレクは悪魔に変身?司祭、神父たちは逆さまになり、天と地も逆に。

つまり、悪魔(マレク)が復活したのでした。

あれがサタン?あの時の赤ん坊を殺しておけば復活は出来なかった?

ここで終わり。悪魔が世界を支配する時代に・・という流れ。

えー?それでどうなるの?とその後が見たいのに^^;

 

B級ホラーだろうけど、意外に見応えあってまあまあだと思います。

途中、行方不明となった女性たちの遺体を雑に燃やしていた司祭たち。

身体の半分がなかったので・・食べたのでしょうか。

マレクを呼び出すため、匿名で通報したのも司祭たち。

変なホラーよりも、気持ちの悪いものを食べさせられたり、そのあたりが「人間怖い」って思いました。

 

彼らは神父でも司祭でもなく、悪魔崇拝者だったのでした。

30年前の赤ん坊がマレクだったのでしょうね。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^