ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「ブラッド・ダイヤモンド 」感想

WOWOWで見ました。監督は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィックです。

 

2006年 / アメリ

出演  レオナルド・ディカプリオジェニファー・コネリージャイモン・フンスーマイケル・シーン 、アーノルド・ヴォスルー 、カギソ・クイパーズ  

 

イントロダクション:

内戦の続くアフリカ奥地を舞台に、隠された大きななピンクダイヤモンドをめぐって3人の男女の運命が交錯する社会派アドベンチャー

激しい内戦が続く90年代のアフリカ、愛する家族とむりやり引き離され、ダイヤモンド採掘場にて、強制労働を強いられる男ソロモンが、レオナルド・ディカプリオ演じる密輸業者のダニーと知り合う・・

 

 

うーん、内戦が続く90年代のアフリカ・・って時代背景、そしてあまりにむごい戦争がリアルなので見ていてかなり辛かったです。

家族を愛するソロモンは偶然、見つけた大きなダイヤモンド。

これは、毛皮と同じで

「買う人間がいるから、こんな強制労働の果てに密輸もある」と似てる感覚です。

 

タイタニック」で魅せてくれたレオナルド・ディカプリオとは別人ですね。

この映画をみたら・・

きっともう、宝石は欲しくないと思うのが普通の感覚じゃないでしょうか。

激しい戦争シーンが多いので、男性向きのような映画の気もしますが、現実を知るためにも女性にもみて欲しい映画です。

 

ダイヤモンド好きな女性は見た方がいい。

これも現実なのだと!

 

戦争シーンがリアルなので血が弱い人にはきつい内容もありますが、緊張した中、命を賭けてあんな?ダイヤモンドのために、簡単に人が次々と殺されてしまう。

ダイヤ密輸業者って、こんな仕事だったのですね。

脚本も良く引き込まれてしまいます。

 

印象に残り、本当に恐怖を感じたのは・・

「少年兵士」の存在です。

恐怖心をうけつけ、純粋な少年に銃を持たせて、人を殺すことを訓練する・・

このシーンが怖かったです。

 

マインドコントロールなのかな・・親の顔も忘れるほどに、恐怖心から、命令通りに動く殺人鬼となってしまう少年兵士たちが可哀想でした。

 

アフリカの人種問題、貧困、少年兵、密輸ダイヤ・・と、内容も濃いです。

反政府組織の武器調達の資金源として、不法取引をされている「紛争ダイヤ=ブラッド・ダイヤモンド」この国際問題を背景に、ストーリーは始まります。

 

この映画で登場するピンク・ダイヤモンドは、100カラットだそうです。

ラストで衝撃もあるので、時間のある方は見た方がいいかも。

怖いのは、この映画フィクションではない・・

 

今もきっと、地球のどこかで起きているという現実です。

紛争ダイヤ・・というものを知らなかったので、この映画の内容は衝撃的でした。