ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「どろろ」

WOWOWで見ました、現在期間限定でWOWOW契約してるので映画をガンガン見ています。

原作は有名な漫画家の手塚治虫さん。

記憶に残っているのは・・「どろろ」という名前、48、魔物・・くらいでしょうか。

それが映画化〜じゃ期待してみました。

原作を知らない人も楽しめるでしょうが、原作を知ってる人も楽しめるかも?

 

2007年 / 日本

出演

妻夫木聡柴咲コウ中井貴一原田美枝子瑛太杉本哲太麻生久美子土屋アンナ劇団ひとり中村嘉葎雄原田芳雄

 

 

イントロダクション

手塚治虫の同名漫画を妻夫木聡柴咲コウ主演で映画化した冒険活劇。

監督は「黄泉がえり」の塩田明彦

妻夫木聡演じる百鬼丸柴咲コウ演じるどろろ・・この2人が魔物と戦い、失われた身体を取り戻す・・

 

戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は、天下を自分のモノにするため、魔物に生まれてくる我が子の身体48部分を差し出す・・生まれてくるその子は・・

醜い姿で生まれ捨てられてしまう。

その赤子は、医師・寿海に拾われ育てられる・・

 

 

うーん、微妙ですね。

CG特撮部分は良いと思うシーン、ダメなシーンもあり、もうちょっとお金があればCG、VFX技術でいいシーンを撮れたのかなぁ?と・・

原作を知ってる人には物足りなさを感じさせるものの・・単純におもしろい。

展開が遅い映画、ドラマは退屈だけど、これは展開が早い!

 

そう、展開が早すぎてストーリーが唐突すぎるのです。

想像力が必要ですね。

突然、シーンが変わり・・っていうのが多かった。

長い原作を1本の映画にする・・と、いうのがムリあったのかも。

あれも、これも詰め込むとムリがあるし。

 

まぁ、難しいこと抜きで、魔物とCG、VFX技術で対決する妻夫木聡はカッコイイ!

あれ、妻夫木聡ってこんなに良かったっけ?と思うくらい。

柴咲コウもはじけてて良かったです。

 

原作の記憶がほぼ無いので良かったのかも。

理屈抜きで楽しい、「え?どうなるの?」って先が見えないのがおもしろい。

つい、見てしまう展開です。

 

当然、中井貴一の演技力、迫力、存在感も素晴らしい。

後半、殺陣のシーンも良かった。

ただ、CG、VFX技術などにお金がかかるのか・・途中の魔物が仮面ライダー並の着ぐるみ怪獣だったのが残念・・

全部、魔物はCG、VFX技術などで作って欲しかったです。

 

ワイヤーアクションも無い方がいい。

涙も感動もなく、原作を知らないで見た方がいいかも。

そそ、途中「エイリアン」「プレデター」のパクリもちょいありました^^;

瑛太さん、いい演技してます。

主題歌はMr.Childrenの「フェイク」!この曲もいいです!

マンガの実写版は、期待しないでみればそこそこ楽しめると思います。

 

この手の「原作と違いがっかりした」という声は多いですが、単純に娯楽作品として楽しめれば良いと私は思ってます。

レビューでこの手の作品の批判書いてる人の多くは男性だと思います。

 

頭も良く理屈と正論も書いてる。

でも、彼らは知らない・・この手のタイプの男性は女性に嫌われる事が多いのも。

評判を見ればどの程度の作品なのか、すでにわかるはず。

映画館で見るものではなく、TVやDVDでレンタルして楽しみましょう。

 

ついでに・・

西遊記

香取慎吾主演ドラマの劇場版の方・・

 

これはTVシリーズを楽しんでいた人、香取慎吾ファンのための映画ですね。

映画としてみるには耐えられないドタバタ内容でした。

まぁ、TVシリーズを楽しんでる人にはおもしろいのかなぁ。ドラマを見ていなかったので疑問がでる作品です。

何よりも、ガラの悪すぎるチンピラ孫悟空には驚きでした。

 

孫悟空は、暴れん坊のキャラでありそのためにお師匠様からの「ダメだし」で、彼をとめる場合の頭のわっかがあるものの・・

この孫悟空は子供向きだと思います。

ストーリーそのものは良いので残念です。

昔の方が良かった・・と、いう声の方が多い気がします。

TVシリーズを楽しんでた人も、「映画にするほどじゃなかった」と、いう声も多いようです。