ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「オオカミの皮をまとう男」報われない男

不器用で不幸のオンパレード的な主人公。あまりに暗く悲しい物語。

2017年製作・スペイン・110分

ネタバレ度60%くらい

f:id:luccax:20220325112856j:plain

ストーリー

山奥で一人暮らしをしている男は、村で買った女性を妻にするが・・病死してしまう。

売主に文句を言いに行くと、妹がいる、と勧められ連れ帰る事に。

 

こんな内容です。

もう、あり得ない感じですが時代的にはあるのかも・・。

年代など詳細はわからないのですがやはり、女性は貧しい時代には物のように扱われてしまう、とショックでした。

この山男のような男性は、狩りで毛皮を取って生活しています。

時々、村に降りて必要なものを購入・・再び、山に戻る生活。

昔は家族と一緒だったのか・・それもよくわかりません。

1人暮らしで十分だと思うのだけど。

 

寂しいとしても女性を買う!それを妻にする!という驚きでした。

もっと驚きなのは、女性を売ったのは父親。

貧しいというより、愛情のかけらもない感じ。

そして病死した女性は妊娠してたのです。それに文句を言う男性も・・という流れ。

文句を言われ、病死した女性の妹を差し出す父親!!!

男が女性を連れて行く時、「男が酷かったら、毒を盛れ」と、娘に毒を渡します。

 

男性と一緒に山で暮らす女性・・もう会話もなくて。

あれじゃ、毒を盛って実家に帰るかな・・と、思うほどの生活です。

会話はほぼなくてドキュメンタリーのような流れ。

妊娠した女性は逃げるのですが・・罠にかかり男性に助けられます。結局、流産してしまい・・。

優しい男性は女性に、家に帰れ、と言ってくれます。

 

この男性は愛されたことがないのかも。だから、女性を愛する方法も接し方もわからなかった。

本当は悪い人でも、冷たい人でもない。ただ、不器用で女性の扱い方を知らないだけ、と思います。

こんな不幸な男性、あんまりな作品ですね。

でもまあ、このような人は現代にもいるのかもしれません。

引きこもり、アニメ、バーチャルでしか女性と接した事がないとかで。

ダンサー・イン・ザ・ダーク」のように救いのない映画なのでした。

 

オオカミはほぼ登場しません。

男性が来てた毛皮がオオカミだったみたい、それと売ってた毛皮がオオカミです。

特におすすめしませんが興味のある方は😅

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^