ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「空白」加害者と被害者

胸が苦しくなるほどのヒューマンサスペンス!絶望から怒りに狂う気持ちもわかります。

2021年製作・日本・PG12・107分

ネタバレ度50%くらい

f:id:luccax:20220405170741j:plain

ストーリー

中学生/添田花音(伊東蒼)は、スーパーで万引きが見つかり、走って逃げるが車に轢かれて死んでしまう。

花音を追いかけていたスーパー店長/青柳直人(松坂桃李)。

娘に無関心だった花音/父・充(古田新太)は、娘は無実だ!と、激怒して店長らを追求する。

 

こんな内容です。

事故のシーン、リアルなので驚きで息も止まりそうでした。

見ていると、花音は万引きをしていた?する途中だった?と、微妙な感じ。

それを店長が必死で追いかけ、行き過ぎなのでは?と、思ってしまいました。

でも、店側からすれば当然のことですよね。

花音が亡くなり、悲しみよりも怒りが強い父・充を古田新太が演じているのですが・・これが怖い。

本当に怖くて追求された青柳が今度は可哀想に思えるほど。

え?誰が悪い?と、考えてしまいます。

 

万引きしようとした花音も悪いけれど、責めることも出来ない。

充にすれば、「娘はそんなことは絶対しない」と、思ってます。

追い詰めた青柳が悪い!と、決めつけてます。

充から怒鳴られ、追い詰められた青柳は心労でうつ状態に。

これも見ていて可哀想で辛い。

青柳にすれば、店のことを考えて万引き犯を追いかけていた。でも、もしかすると・・万引きしていない?と、不安も。

 

ずっと、花音は万引きしたのか?していないのか?が、わからないのです。

ただ、充が怖くて青柳が次第に追い詰められ、精神が病んでいくのに胸が苦しかったです。

青柳を心配するスーパー・パートおばさんを寺島しのぶが演じてます。

お節介もありつつ、こういう人いるなあ、と感じます。

娘が亡くなりやっと、存在に気がついたような父親。

そして1番の被害者では?と、思うのが花音を轢いてしまった車の運転手。充に謝罪するのですが、彼はそれを拒否します。

この辺り、本当に胸が痛みます。

なんでこんな事に?って。

確かに謝罪で花音は戻るわけではないのですが。

 

この作品、登場人物が全て納得出来るほどの演技をしているのです。

突っ込む部分もないくらい、細部にわたり描いてて、観ている人がうなってしまうほどの映画だと思います。

好き、嫌いに関係なく作品として素晴らしいです。

交通事故も本当に恐ろしい、と強く感じた作品です。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^