ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「HANDIA アルツォの巨人」病気ゆえの苦悩

身長が242センチメートルある巨人症の男性の物語、スペインの実話です。

2017年製作・スペイン

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20220408184259j:plain

ストーリー

マルティンは戦争で右腕を負傷、動かなくなって故郷に戻る。

弟のホアキンは巨人症で身長が242センチメートルとなっていた。

 

こんな内容です。

ホアキンという巨人症の弟と、右腕が動かない兄マルティンの過酷な物語、実話です。

この時代だから、巨人症という病気を知らず、周囲から好奇の目で見られ、見せ物としてお金を稼ぐしかなかった2人。

実家に戻っても働かなければなりません。

でも、他に仕事も出来ない、腕も動かないマルティンは弟ホアキンと興行の旅にも出ます。

 

最初は嫌がっていたホアキンですが、お金のためだし、有名になったこともあり仕方なく・・。

ただ、巨人症は病気なので進行、そして背骨にも負担がかかり、内臓も弱り老化が早いのでした。

29歳でもう、杖をついて歩くほど。

 

骨が成長する時、音がするのには驚きました。

本当に苦労して各地を回り、43歳で亡くなってしまった兄思いのホアキンでした。

そんな2人の物語です。

悪い人もいれば良い人もいた、そんなホアキンの人生はとても印象に残ります。

実話だからこそ、切ない作品でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^