ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「漁村の片隅で」少女の結婚

ヒューマンドラマとして素晴らしいと思います。けれど文化が違うとはいえ、見ていて苦しいものがあります。

2020年製作・カメルーン・142分

ネタバレ度60%くらい

ストーリー

ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイに憧れ、学校に行きたい、教育を受けたいと思った少女・・だが、父、村人には理解してもらえない。

 

こんな内容です。

文化が違う、と簡単に言えば終わりなのですが・・とても苦しく切ない作品でした。

一生、この父親は娘を理解することはないと思います。

それをどうやって説明すれば良いのか・・。

周囲の人間も教育を受けていないせいか、考え方が違うのです。

説明してわかりあえる・・のは難しいかと。

 

小さな漁村で父と一緒に魚を売って生活している少女。

学校へ行ってみんなのように学びたい、と思いを父に話しても、行く必要はないと怒られます。

魚を売る時の計算だけ出来れば良いのか・・って感じ。

学校の授業をこっそり覗いて勉強する少女に驚き、内緒で勉強を教える女教師。

でも、バレたら仕事を失うはめに。

 

これ、実話ベースなので本当に驚きが続きます。

女性に教育はそもそも必要ない、という考えなので彼女が何を説明しても無駄。

勉強して女性が賢くなることすら許されないのです。

頭に来たのは悪い叔父!!!

借金があるため、彼女を売ろうと計画・・結婚を提案します。

彼女は12歳ですよ、父親も教育を受けていないから・・利用されて。

 

彼女の母親もいまいち・・理解出来ないけれど。

父親は妻を愛してたから、同じ道を歩いてほしくない、と思いもわかるけれど。

本当にあり得ない、辛く重苦しい作品でした。

きっとこの地域では普通によくあることなのでしょう。

長い映画ですがアッという間に終わります。

ネットフリックス見放題です。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^