ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

「龍馬伝」18話「海軍を作ろう!」

続きが気になる18話でした。早く来週が見たいです。武市を1人にした容堂、その心は?武市を切り捨てるつもりの容堂でしょうね。平井に土佐藩を任せたので武市の立場もないくなるでしょうか。

 

 あらすじと感想 視聴率 18.4%

 

黒船には黒船で!と、海軍を作ろうと勝麟太郎勝海舟)の考えで海軍を作る18話でした。

これに大賛成の龍馬だけど、塾の武士たちは「戦をするため。異国と戦うために学ぶ」と、塾にいるのよね。

これじゃダメと龍馬は、勝にこれをいうのだけど「放っておけ」と、太っ腹の勝。

人は簡単に言って納得するものでなくて・・肌で感じるまで放置と勝なんだわ。

 

人斬り以蔵(佐藤健)が、武市の命令で勝を殺しにきたシーンはドキドキでした。でも、龍馬がいたし〜すぐに「以蔵じゃないか」ってばれて。

勝もさすが!偽名を使って面会に来たことですぐ、「俺を殺しに来た」と、理解してるのよね。

もちろん、龍馬も「人斬り以蔵」だから、勝を殺しにきたのはわかってる。

 

そんな以蔵に地球儀を出して、日本の小ささを説明する勝なんだわ。驚く以蔵はすぐ、勝に説得された感じで笑えました。素直なのかなあ。

 

勝塾の良い所。

藩主の壁がない。人の上下の隔てがない。

黒船を動かすためには、西洋の学問をまなぶことが大事。これによって「西洋」のすごさをもね。

「俺たちは○○藩じゃ・・」という考えから、「俺たちは日本人じゃ」という考えに気づいてくれる・・と、勝なのね。

 

容堂の命令〜武市の指示で勝塾に来た3人も最初、混乱してたけど「西洋の学問を学べば、戦をすることがバカらしい」と、悟るはずと勝。

頭が固いのはダメなのよ。柔軟性をもって西洋の良い部分を取り入れ、日本も勉強すべき所は学んで・・今の日本になったと思います。

 

人斬り以蔵、武市に憧れて・・自分を必要としてくれるから、武市のそばにいたけれど。勝のそばにいても信頼されるでしょう。

佐藤健くん、可愛い^^♪

 

攘夷実行日を決めないと、江戸に戻れない徳川家茂

これは武市の考えだった。日にちをハッキリ言わないと、江戸に帰さないとは。家茂は体が弱かったので、この京都暮らしがきつかったようです。

篤姫」を視聴中、この家茂が江戸に戻れず、体調を崩した・・と、見た記憶あります。

 

土佐の大殿・容堂、江戸にいたけれど〜もう、土佐に帰ると言葉に驚く武市。

「攘夷派の阿呆どもが、強欲な公家どもを担ぎ出し、将軍家を困らせるのを見るのはもう、うんざりじゃき。」と、大殿・容堂にびびる武市。

 

「帝が、土佐藩の改革を命じたら、わたくし・・平井収二郎宮迫博之)が、一命を賭けて実行します。」

容堂が、もう武市をクビ!収二郎に土佐藩を任せる!と、命じたのよ。捨てられた武市。

「これで武市のまわりから人が消えたのぅ・・」と、笑う容堂。

以蔵を探しても・・以蔵は勝の用心棒になってる。

どうなる武市?

 

おぉーー!攘夷実行は5月10日!決行される?早く続きが見たいです。