ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「弱虫ペダル」感想

胸アツ!「こんな僕をみんなが必要と言ってくれた。だから頑張れた」最後までハラハラして楽しかったです。

原作はアニメ、と知ってるのですが見てません。

実写版ってキャストが・・とか、よく聞くのですが原作知らないし、問題なく夢中で観れました。

2020年の作品。

ネバタレ度50%くらい

f:id:luccax:20210922145826j:plain

ストーリー

アニメ大好き!ママチャリで登校する小野田坂道(永瀬廉)。

千葉から秋葉原に通うため、知らぬ間に体力がついていた。

ある日・・同級生・今泉俊輔(伊藤健太郎)と、レースの勝負をする事に。

走る楽しさを実感、自転車競技部に入部する小野田。

 

こんな内容です。

基本、友達もいない主人公が自転車で走る楽しみを知り、チームと走る喜びを通じて・・という感じの物語。

恋愛要素もなく、スポーツ1本!というのも好き。

タイトル通り、主人公は弱々しい感じで、自分をアピールすることも少ないです。

それが走る喜び、仲間と一緒に目標を達成する!という流れで逞しく成長するのです。

 

自転車競技とか、知らないのですが驚いたこと。

走ってる最中、あんなに喋ってる余裕あるの?ってこと。

そして、敵チームと争う時もそれをやってたのでびっくり。

 

レース中、仲間の1人が先に走り、残りのメンバーが体力を温存しながら突き進む。

相手チームの妨害とかもあったり・・。

台詞もとても良かったですね。

 

サングラスの部長が、弱音を吐く小野田に言うシーン。

「頑張らなくていい」と、言う部長。

「えっ?」と、驚く小野田。

1人で頑張る必要はない」部長。

「でも・・僕が倒れたら・・」小野田。

「お前が倒れたら俺が支える。だがもし・・他のヤツが倒れたら、お前が支えろ」と、部長。

ロードレースはチームスポーツだ、と言う部長なのです。

これが素敵で胸にジーンと😅

 

後半のレースシーン。

「来い!小野田。お前の居場所はここにある!」と、部長。

後から来る小野田を待ってるシーン。

 

「みんなに追いつくんだ。僕はそのためにここにいるんだ!絶対、追いつく!」

必死で皆に追いつこうと、走り続ける小野田。

このシーンもドキドキで転んでしまうのでは?とか。心配しちゃいました。

 

自転車の足元が映ると、絡まる事故なんて起きないよね?とか。

色々と不安でした。

きっと勝つだろうな、と思っていても激しいレースシーンは怪我なく終わったのかしら、なんて思っちゃいます。

俳優さんたち、自転車はすごく練習したでしょうね。

立ち漕ぎのシーンも多かったので、疲れるだろうな、とも。

【送料無料】[枚数限定][限定版]弱虫ペダル 豪華版(初回限定生産)【BD】/永...

とにかく爽やかな気持ちで視聴出来て感動した映画です。

「みんなの想いをゴールに届けてください!」

小野田、可愛かった♪

好き度は★4.5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^