ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「デッドリー・ハンティング」恐怖の狙撃手

ハイキング中、何者かに襲われる男たち。相手は猟師でもなく自分たちを狙っている?と、慌てて逃げる事に。

2021年製作・ドイツ・86分

ネタバレ度50%くらい

ストーリー

ローマンは兄アルバートたち5人と山へ遊びに行きます。

途中、銃声が聞こえても狩りの時期だろう、と思っているが突然、仲間の1人が撃たれ、逃げようとします。

けれど車も襲われ、パニックで逃げ場を失う5人。

 

こんな感じでいきなり襲われるのでした。

相手は誰?何故?と疑問ばかりの流れ。

最近、ネットフリックスでこんなの観た記憶が・・と思い出す。

「赤い光点」も理不尽な展開でラストは・・という作品でした。

 

途中、女性を見つけ助けを求めるのですが突然、撃ってきて彼女こそが犯人!と判明。

必死に逃げる男たち。

慌てて逃げるので怪我をするのだけど・・とにかくお金がかかってない!という作品ですね😅

逃げるのはずっと森、山ばかり・・登場人物は5人の男と犯人の女性。お店の若いアルバイトの子、子供くらい。

いくらB級でももう少しお金をかけて作ってほしい、と思うのでした。

Netflixオリジナル、頑張って欲しいですね。

 

女性が男たちを狙う理由、それは若い男たちに子供を殺されたからです。

男なら誰でも良いから復讐したい!という母の想いだったのでしょう。

一応、映像で見るとそれなりに緊張感もありハラハラな展開。見るとまあ、面白いかと思います。

お時間のある方にどうぞ。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★2個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^