ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「さようなら、コダクローム」親子の愛情

疎遠だった父と息子の関係をロードムービー風に描いてる作品。

ネットフリックス視聴。

2018年製作・アメリカ・100分

ネタバレ度40%くらい

ストーリー

音楽プロデューサーのマット(ジェイソン・サダイキス)は担当していたバンドとの契約が切れ、仕事を失いそうになる。

そんなある日、父ベンの看護士ゾーイ(エリザベス・オルセン)が来て、余命わずかだと知るマット。

 

こんな感じで始まります。

なぜか、父と息子って関係悪いですよね。

この2人も相当、仲が悪くて10年くらい連絡すらしていません。だから、マットとしては父とはいえ、他人のような感覚。

末期ガンで余命わずか・・と、言われても気持ちは動きません。

 

ゾーイは、ベンの看護士として世話をしながら、彼の願いで保管してたフイルムを現像するため、製造終了したコダクロームの最後の現像所まで連れて行ってほしい、とのこと。

仕事を失いそうで暇ではあるけれど、父親のためにそんなことはしたくない!と、拒否するマット。

ベンのため、必死で説得するゾーイのため、仕方なくベンを連れて行くことに。

長い長い旅になります。

 

マットにすれば、勝手な父のせいで母親は苦労して・・と、父を恨んでいます。

それでも喧嘩しそうな2人の間にゾーイが入り、なんとか旅を続ける・・という展開。

 

ベン役には有名なエド・ハリスが演じてます。

トップガン・マーヴェリック」にも出演してましたよね。

他には「ライトスタッフ」「崖っぷちの男」「アビス」「アポロ13」「沈黙のレジスタンス」など。

 

とにかくマットとベンは水と油・・という関係でコメディではないけれど、笑ってしまうことが多い。

ゾーイも呆れて・・という流れ。

途中、やはり病気の父なので切なくもほっこり。

ラストはもう、涙、涙でした。

父の思いをやっと・・・亡くなってから知るマットが切ない。

文句なしでおすすめです。

地味ですが本当に良い作品でした。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★4個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^