ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「心のカルテ」拒食症の苦しみ

20歳で入退院を繰り返す拒食症の女性の成長物語。

ネットフリックス視聴、「エミリー、パリに行く」のリリーコリンズが驚きの演技でした。

2017年制作・アメリカ・107

ネタバレ度80%

ストーリー

20歳のエレン(リリー・コリンズ)は拒食症で入退院を繰り返していた。色々な方法で病気を克服しようと頑張るが・・体重は減るばかり。

ある日、若者向けのグループホームに入院することに。

 

こんな感じです。

「エミリー、パリに行く」で明るいリリー・コリンズの印象しかなかったので・・この役には驚きでした。

物凄く役作りをしたのでしょうね。もう別人のようにげっそり、骨が見えるほどに痩せています。

映画「運命のイタズラ」でも女優らしい雰囲気で素敵な人。

他にも沢山、出演してるので今度チェックしようと思いました。

 

今回はいかにも「拒食症」の女性・・と、説明しなくてもわかるほどの痩せ方、顔色の悪さが目立ちます。

複雑な家庭環境もあり、あの母親がいたら・・誰でも心を病んでしまいそう・・と感じるほど。

まあ良い人なのだけど、心の病気をいまいち理解していない母って印象。

優しく姉思いの妹は可愛いけれど。やはり、子供には両親の存在は大きいのだと実感。

特に母親の影響は大きいでしょうね。

そんなエレンでした。

 

特に大きな事件もなく、拒食症の彼女がベッカム医師の元、入院することに。

わりと型破りの先生でこれをキアヌ・リーヴスが演じてます。やっぱり何を演じても素敵なキアヌ。

グループホームには生理があった時にゆきずりの男性と・・と妊娠した女性。

バレエダンサーのルークも体型を気にして拒食症に。他にもエレンよりも重症な患者もいます。

自分で食事をしない人はチューブで栄養を取る羽目に。

エレンも食べ物はすべてカロリーを覚えているほど。

 

自分がどうしたい、目標を持つとか・・そんな事もわからない。拒食症の体験がある人は観ると苦しいのかも。

私は普通に観れたけれど、エレンはルークとベッカムの言葉で前向きになれたのだと思います。

それにしてもあの痩せ方、役作りも大変だったと思います。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^