ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」命懸けの復讐

ごく普通の女性のもうひとつの顔、キャシーには2つの顔があり、周囲の人間はそれを知らなかった。

2020年製作・アメリカ・113分・PG12

ネタバレ度50%くらい

ストーリー

賢いキャシー(キャリー・マリガン)には周囲も知らないもう1つの顔があった。

夜ごと外出して若い女性の人生を奪った者に復讐をする、という目的が・・。

 

観終わってからもう、言葉を失いましたね。

自分のすべてを賭けてまで復讐を遂げる!揺らがない彼女の強い決意を感じた作品でした。

 

他の作品で裁判シーンを見ると、性犯罪は女性が声をあげなければ!と思います。

悔しいことに裁判では、あなたは「ノー」と拒否しましたか?なんて聞かれる。怖くて声も出せないことが多いのに。

それを「承諾」と、判断されてしまうことも。

しかも、「警察に通報しましたか?」とかも。ショック状態で電話なんて出来ないはず。

抵抗しなければ、「同意があった」と、判断されてしまうケースが多いようです。

 

キャシーの行動を理解できない男性は多いと思います。でも、事情を知ればきっと納得出来るでしょう。

そこまでして・・という思いもあったけれど、そのくらいの決意がないと達成出来ないのでしょうね。

 

大切な友人が乱暴され、命を絶ってしまったのです。医学生でこれから・・という時に。

キャシーの悲しみ、怒りが彼女を変えた理由。

男たちに復讐するため、自ら囮になり危険を覚悟で・・という流れ。

復讐する相手も複数であり、簡単には終わりません。

1人で辛い作業を淡々とこなすキャシー。

 

女の部分を利用すれば男は簡単に落ちる、とわかっています。それがどんな危険なことか・・。

とにかく!命を賭けて友人の復讐をする!と強い決意のキャシーを見届けてほしい、そんな思いです。

未視聴の方、絶対に見て欲しい作品です。

アマゾンプライムビデオで見放題です。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

好き度は★5個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^