ルッカのあらすじ園

映画とドラマのネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「永遠に僕のもの」感想

あまりに美しく「死の天使」と呼ばれていた連続殺人犯を元にした作品。アルゼンチンの実話、犯人カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチの物語。

この犯罪はアルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名。

ネタバレ度40%くらい

f:id:luccax:20211005163928j:plain

ストーリー

1971年、ブエノスアイレス

カルリートス(ロレンソ・フェロ)は17歳から犯罪に手を染めていた。

学校で出会ったラモン(チノ・タリン)と組み、好きになってしまうカルリートス

欲しいものはすべて手に入れ、邪魔なものは消す。

数年で12人以上を殺害。

 

こんな内容です。

とにかく「淡々と」がテーマなの?と、思えるくらいに冷静に仕事をこなしていく主人公。

盗む時、人の家に侵入する時、人と話す時、人を殺す時・・クールというか、感情はないの?と、思えるほど。

 

普通、人の家に泥棒として入った時、周囲に気を使い、盗んですぐに逃げ出す・・と、思うのだけど。

全然、逃げない!しかも、音楽かけて踊ってる。

何?この不思議な男の子は?と、驚きでした。

 

しかも、とても美しいのです。

実話ということで、検索したら本人の画像もありましたが、これが本当に綺麗な顔をしてます。

演じてる俳優・ロレンソ・フェロもイケメンで、雰囲気はピッタリ。

 

最後までクールで、何事にも動じることなく殺害していきます。

ただ、過激な映像ではなくて、美少年殺人犯のイメージ通り?さほど見れないシーンはありません。

 

踊ってる姿なんてほんとキレイで可愛い!

相棒であるラモンが好きなのですが・・特にゲイというシーンもないですね。

とにかく印象に残るのは、美しいカルリートスと信じられない行動でした。

踊ってる姿を是非、チェックしてください。可愛いから😅

 

好き度は★3個(満点5個)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログへ
応援ありがとうございます^^