読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルッカのあらすじ園

ドラマと映画のネタバレレビュー♪たまに猫も

映画「地獄でなぜ悪い」ネタバレあらすじ

映画

流血多すぎ!気軽に楽しめるエンターテインメントです♪  

監督 園子温

高校時代から、友人たちと一緒に映画制作に夢中な平田純(長谷川博己/中山龍也)。

ここで、「くだらない」と、見るのを止めてしまう人もいるかも^^;
この映画は深く考えず、「エンターテインメント」として楽しむ作品です。

組長・武藤大三(國村隼)と、妻・しずえ(友近)は、娘・ミツコ(二階堂ふみ/原菜乃華)を大切に育てている。

一方、CMに出演していた幼いミツコに一目惚れする池上(堤真一)は武藤のライバル。

抗争で対立している男たち数人を、殺害したしずえが凄いのです^^;
よくぞ!あそこまで追いかけて殺した・・っていう。

高校生の平田たちは、抗争で負傷した池上を発見。
格好いい!と、撮影して知り合う。

10年後

武藤はしずえの出所祝いを、ミツコの主演映画で感動させようと決意する。

男と逃げたミツコを捜す武藤。

ミツコは逃走中、出会った公次(星野源)にお金を渡して、「恋人のフリをして欲しい・・」と頼む。

公次と一緒に、逃げられた恋人に会うミツコは、瓶を割った破片キスで仕返しする。

本当の恋人は浮気して逃げられた。公次は偶然、出会っただけの男性です。

公次は、ミツコの恋人と勘違いされて、武藤の子分に捕まってしまう。

しずえのため、映画を作りたい武藤は公次に監督を命じる。

逆らえず、映画制作に困る公次は平田の存在を知り、頼み込む事に。

「映画の神様が!」と、感激して引き受ける平田。
本物の暴力団の抗争・・と、大興奮で脚本を考え、撮影を指示する。

池上はライバルの武藤の娘・ミツコが好きでたまらない。
どうせなら・・ミツコに殺されたいと願うほど。

抗争中の武藤と池上たちを撮影する平田。
このシーンは大出血、スプラッターです(^_^;)

警察が来て・・池上たちは・・。

感想

後半、平田の映画制作がどこまで本当なの?って思いましたね。

ラストで、映画館のシーンがあり
「あ!そういう事なのね」と、生きてる事にホッとしました^^;
でも、包帯してる人もいたのです。

結構、ツボだったのが公次(星野源)の演技です。
怯えてる弱々しい青年・・って雰囲気が出てました。

長谷川博己はいつもながら素敵♪
「デート〜恋とはどんなものかしら」の谷口巧のキャラで魅力的です。

平田の高校時代を、中山龍也クンが演じてます。
ビックリしたのは、彼はとても長谷川さんに雰囲気が似てますね。

武藤を演じる國村隼は、「進撃の巨人」クバル役のイメージですね。
堂々とした恰幅の良いキャラ。

二階堂ふみはヒロインなので、見所も沢山あってとにかく可愛い。
ファンでなくても、この作品で好きになる人も多いでしょう。

ミツコの子供時代を演じた原菜乃華ちゃん。とても可愛いです。
美人になる子、チェックをお勧めします。

映画を愛する高校生が、大人になってもその夢を諦めず追いかける。
純粋な映画愛の若者・・というか、バカ者たち^^;

突っ込みも多いですけど、何も考えずに楽しめる1本です。
期待しないで気楽に観れば、最後まで笑えると思います。

ただ・・・見る人によっては、「ふざけすぎ!」と感じるかも。
私は長谷川博己が好きなのでOKでした。

注意!後半は出血シーン多いです^^;

 

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
応援ありがとうございます^^